パンフレットのデザイン

パンフレットといえば、会社の案内が書いてあったり、なにか商品の案内が書いてあったり、といったような感じでしょう。そして、どこかお店や施設などに配置して、お客様にご自由に取ってもらうという、光景をよく目にしますよね。この場合、お客様にこのパンフレットが欲しい、気になる、などと思っていただかないと見てもらう事は出来ません。ですから、デザインが大事になってくるでしょう。パッと見のデザインが目立たなく、暗いものであれば、気付いてもらう事も出来ないかもしれません。しかし、デザインはそのパンフレットの印象にもなってきますので、キラキラやラメラメなど、目立たせすぎもかえって印象が変わってしまい、効果がないかもしれません。やはり一番良いのは、ある程度の見た目の引き付け感があり、パッと見でどんな内容のものかが分かるものが良いですね。

パンフレットの魅力的なデザイン

パンフレットには、企業案内やツアー旅行についてなど様々なものがあります。作る側としては、どのようにしたらより魅力的なものになるか、デザインや記載の方法など試行錯誤をして配布します。読み手側は、まず記載内容より見た目で手に取ることがほとんどです。デザインのポイントとして、一番最初に目につくだろうと思われる個所には少々派手ではないのかというくらい目立つものにします。文字で表記するなら、大きく奇抜な色を使うことです。もし料金などの記載がある場合は、その料金の一番安いものを大きく表記しアピールします。また、年齢層でも手に取る取らないの基準が違ってきます。年齢が高い方だと、あまりにも派手でごちゃごちゃとしたものは見にくいと判断されがちです。その方々をターゲットとするのであれば、あまり多くの色を使わず、大事なところだけを赤色にするなどシンプルなもので十分です。逆に年齢が若い方は、派手で少しごちゃごちゃしていても、雰囲気が楽しそうというイメージがわくのでシンプルなものより効果的です。パンフレット内でどこをアピールするのかや、ターゲットにする世代層でデザインを決めていく事が大切です。

パンフレットのデザイン

パンフレットは比較的限られた範囲の中で、広告したいもの、宣伝したいものの内容を分かりやすく提示しています。ですから、見やすく、趣旨が分かりやすいものが好まれますよね。あまりにもごちゃごちゃと小さい字で書かれていると、ちょっと見る気がなくなってしまうかもしれません。簡潔なものが魅力的です。また、商品や情報のイメージもありますので、癒し系のグリーン、元気の出る黄色やオレンジ、爽やかなブルーなど、内容にあった彩色が施されています。情報を提供したい相手は何を必要としているか、どういう年代の人が見るかもデザインに影響を与えます。パンフレットは簡単に対象について知る便利な道具ですよね。見る側にとって有益な情報をどのように提供するか、質問やデータ、写真やイラストをどこに配置し、順番をどうするか、作り手のセンスが問われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です