喪中はがきを送る時期

今年中に身近な家族や親族が亡くなった場合は、新年の年賀状を出すことも受け取ることも良くないよされています。そのためあらかじめ年内に、新年のご挨拶を控えさせていただきます、と書いた旨の喪中はがきを送りましょう。お葬式などに列席された方にも念のため送りましょう。また、喪中はがきで初めて訃報を知ることになる人もいるかもしれないので、亡くなった方の知り合いにもできる限り送るようにしましょう。喪中はがきを送る時期については、遅くとも12月中旬ごろまでが望ましいとされています。それはお相手が年賀状の準備に取りかかる前に到着した方がご迷惑がないからです。でも年賀状の受け付けは11月から始まるので、できれば11月の早い段階でお送りしておく方が好ましいですね、万が一出し忘れたり、出すのが間に合わなかった場合は寒中はがきを出すという手もあります。

喪中はがき:ルールやマナー

身近な家族や親族が亡くなった場合は、新年の年賀状を出すのは控えて、事前に喪中はがきを送るのがマナーやルールになります。亡くなった方を悼む気持ちと社会人としてのマナーになります。また、悲しみが癒えぬ時期に喪中はがきの準備をするのは大変つらいことだと思いますが、ぜひこらえて手軽な方法でご準備されることをおすすめします。最近ではインターネット通販で簡単にはがきを注文することができるようになっていますし、人に頼んでやってもらってもいいですね。送る時期は、10月~12月中旬が好ましいとされています。送り先が年賀状の準備をする前にお手元に届ける必要があるからです。ただし、喪に服す期間としては家族の場合は1年間、それ以外の親族の場合は約半年で良いとされています。そのため、親族が亡くなられた場合は喪中はがきを送るかどうかご家族で話し合って決めましょう。

喪中はがきは早めの準備を

今年は年賀状が出せない人は11月ぐらいには喪中はがきを準備していた方がいいと思います。早く準備をしないと年賀状を作ってしまう人もいるのです。早い人もいるので11月ぐらいには出しておきたいものです。もし何かあった場合には早めの準備をしておくのです。そこで最近では自分で作成することもできます。家のパソコンとプリンターがあればはがきを作ることができるのです。安くそして時間のある人は自分で印刷をするのもいいと思います。しかし働いたりしていると時間がない人が多いと思います。後回しにしてしまって時間がなくて12月になってしまう人もいるかもしれません。そうやって自分で印刷をしたりすることができない人は業者やお店などでやってくれるところがあります。そういうところにお願いしてきれいに印刷をしてもらうといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です